管理栄養士の取り組み

エスペラル東淀川では、管理栄養士が常駐し、利用者様の栄養管理を行っています

低栄養対策関係日々食事の様子を見に伺い、食べ方、食事量、飲み込みの状態やしっかり噛んでおられるかなどを確認しています。入れ歯の状態や体調などの変化に合わせて食事形態の検討や提案を行います。
また、食事量の減少があり栄養障害の危険性がある場合、多職種にて話合い、必要に応じて食事量の調整や食事内容の変更、栄養補助食品の付加などの個別対応を行い、低栄養の予防や改善に取り組んでいます。

摂食・嚥下についての取り組み

ケアカンファレンス管理栄養士が中心となって歯科医師、言語聴覚士など多職種と連携し、食事観察、カンファレンスを行い、”口から食べる”の維持を目的とした方策や、胃瘻などの経管栄養法から経口栄養法への移行などを行います。
口の中の衛生状態、一口に食べる量、食事姿勢、食事速度、口腔ケア方法、食事介助方法など意見を交換し、注意点や改善点などを話し合います。これを1か月ごとに行い、利用者様の状態の変化を確認しQOLの維持、向上を図っています。

栄養相談、退所前カンファレンス(家人含むカンファレンス)、集団講座

栄養相談、退所前カンファレンス(家人含むカンファレンス)、集団講座退所後、自宅に戻られてからの食事についてのアドバイスを行います。
食事形態、食器の選択方法、栄養補助食品、トロミの濃度についてなどをお話しています。

栄養だよりを用いて集団講座を行い、旬の食材の選び方や防災についての対策など食に関する情報を発信しています。

ホロニクスグループ栄養管理部発行のたより

ページの先頭へ